クレジットカード現金化のトラブルと回避法

クレジットカード現金化をする業者にも優良な業者と悪徳な業者がいます。
特に悪徳な業者と言うのは、裏で闇金等との繋がりがあったりしますので、個人情報が流出してしまうと大変な事態になりかねません。
こうしたトラブルを回避するにはいくつかのポイントをしっかりと抑えておく必要があるのです。

悪徳な業者を見極める

悪徳業者を見極めるには、いくつかのポイントがあります。
高換金率やスピード振り込み、審査があると言う謳い文句が特徴的で、それらを謳っているような業者は最初から疑っておいた方が良いと言えます。
換金率に関しては相場の80パーセント前後を目安にすると良いでしょう。
また、審査は基本的に必要のないものなので、審査に関する事を謳っている業者にも注意が必要です。

クレジットカード利用停止にならない為に

クレジットカード現金化をすると言う事はクレジットカード会社の規約に抵触する行為でもあります。
しかしグレーゾーンな為に罰則等は無いのが現状です。
それでもクレジットカード現金化によって何らかの商品を現金化した事がクレジットカード会社にばれてしまえば、利用停止は免れません。
そうならない為には、優良な業者を選び、少しでもリスクの軽減を図る事が重要になります。

換金率が違った場合

クレジットカード現金化業者に問い合わせをした時点で換金率がホームページに公開されている率と違っていると言うのは良くある話です。
こうした業者は限りなくブラックに近いので、利用しないか、少額で試すと言うのが妥当でしょう。